お腹を空っぽにした状態でフルーツを食べるダイエット

私が取り組んで実際に痩せたダイエットは「朝食フルーツダイエット」です。
朝食というか、一日のうち一番はじめに摂る食事を果物だけにするというダイエットです。

果物を食後に摂ると、先に摂ったものに通過を邪魔され、そのせいで体の悪い影響を与えてしまうという考えのもと、
果物を摂るときは胃の中が空っぽであること、食べた後は果物がスムーズに胃の中から出ていくように30分ほどあけてから次の食事をすること、というルールがあります。
これに体のサイクルを合わせます。

体のサイクルというのは、まず一日を三つの時間帯に分けて考えるのですが、朝4時~昼12時は排泄の時間、昼12時~夜8時は消化の時間、
夜8時から朝4時は吸収の時間となっていて、特に大切なのは排泄の時間なのですが、この時間に食べ物を摂ってしまうと、
体に余計なものを出す働きが、食べ物を消化する働きに邪魔されてしまうとのことです。

ですが十分に熟した果物は食べても排泄の邪魔をしないので、この時間に食べてもよいというわけです。
食事はなるべく消化の時間である夜8時までに済ませて、朝お腹が空いた状態で果物を食べる、というダイエットだったのですが、10カ月で7キロ痩せました。
効果がすぐにはわからないので続ける気力を保つのが大変ですが、運動を10カ月続けることはできない性格なので、このダイエットが自分には合っていたようです。

コメントは受け付けていません。